中高年夫婦の有り方。考えが合わないときどうしたらいい?

まゆみ夫婦問題相談 ブログ カウンセリング
最近、熟年夫婦のご相談をよく受けています。

子育てがひと段落した50代の夫婦としてはベテランの世代。
婚姻生活も長くなりお互いのことをよくわかり「妻はこういう人間だから…」
「夫はこういう人で、もうしょうがない」と考えてしまう部分が多くなる年代でもあります。

そして時期を重なるようにして子育てもひと段落、妻の目線は夫のほうへ行きがちになっていきます。

そうなったときに夫婦の在り方や、お互いが望む関係性に相違があると夫婦問題に発展しやすいです。

そうならないためにもひとつ考え方を心の片隅に置いておくといいかもしれません。

発想の転換を。まず見方を変えてみましょう。

例えば、妻からの場合の話ですが… 妻は月日が経った今でも「一緒にでかけたい、愛されたい、仲良くしたい!」
と望んでいるのに対し、夫は「自分の時間を大切にしたい。
妻は妻で自由にしていて欲しい」と考えていたらどうでしょう?

妻はあまりかまってくれない夫に不満を感じ、思いがエスカレートすると
「こんな結婚生活のはずじゃなかった。もう離婚したほうが…」とまで考え込む場合もあります。

仲良くしたいと思っているのに、それでは夫と一緒に出掛けるどころか
離れ離れで本末転倒ではないか?と思いますが、真剣に夫婦について考えれば考えるほど
「離婚」といった極端な結論を導きがちです。

そこにはもちろん男女の考え方の違いもあります。

そうなりそうなときは、一歩引いて立ち止まって考えてみましょう。

そもそも夫は本当に妻のことを愛していないのでしょうか?
日本人男性の多く(特に中高齢世代)は、愛情をストレートに表現することが苦手で、
例え心で妻のことを大切に思っていても、伝わらないことのほうが大半です。

なので夫には愛されていないのではなくて、
「愛されているけれど、自分が思っているやり方とは違う方法なのかもしれない」
といった風に発想をポジティブに変えてみてはいかがでしょうか??

さらに夫が妻に対して「あれこれ口を出してきて我慢ならない」という思いが
爆発しそうなときはどう変えたらいいでしょうか。

「自分を常に気にかけ、心配してくれている」という風にも捉えられますよね。

こんな風にネガティブな思考からポジティブに考えるクセがつくと
重大だと思っていたことも気づいたら、「なんで悩んでいたんだろう」とふと思えるので不思議です。

発想の転換、是非実践していただきたいです。

「こうあるべき」凝り固まるのはNG

もちろん誰しも理想の夫婦像はあると思います。

ですが、それをパートナーにも押し付けてしまったり
「夫婦はこうでなくてはいけない、こうあるべき!」と決めつけてしまうと
相手を認めることも出来にくくなってしまいます。

長年連れ添ってきた夫婦だからこそ、余計に凝り固まってしまいがちです。

ですが、そこを一度、見つめ直して、まずは発想の転換を行って、
パートナーの見方を変えてみて下さい。

自然と問題だと思っていたこと自体が、問題ではなかったことに、気付くかもしれません。

長年、連れ添ってきた夫婦だからこそ、一度、見つめ直すことも大切だと思いませんか??

カテゴリー: 埼玉・川越【夫婦問題・改善解決!ブログ】
タグ:, ,

宜しければシェアして下さい。



関連記事一覧

揺らぐ気持ち…修復できるのか迷ったら
揺らぐ気持ち…修復できるのか迷ったら

夫婦間に何らかの問題があって、このまま夫婦関係を続けていくことが できるのか不安に思うことはないでしょうか。 「離婚」という選択肢ももちろんあるわけですが、 本当にそれでいいのか迷ってしまうことは当然ながらありますし、 …

夫婦は精神状態が移ってくる!?そんな時は自己中になる??リフレッシュのコツをご紹介します。
夫婦は精神状態が移ってくる!?そんな時は自己中になる??リフレッシュのコツをご紹介します。

今回は夫婦円満のコツと、夫婦がお互いに影響されて、不機嫌が移ってしまう。こういう時にやり過ごすコツをお伝えします。 夫が仕事で煮詰まっていて機嫌が悪いので困る。妻が体調が悪いので八つ当たりしてくるので嫌だなあ。 こんな事 …

30代母親が長女だけにキツく怒ってしまう事の悩みを解決する方法
30代母親が長女だけにキツく怒ってしまう事の悩みを解決する方法

  皆さんこんにちは!夫婦問題相談オフィス代表の大塚麻由実です。 今回は、30代の家族問題でお悩みの女性の方へ、家で簡単に改善出来る方法をお伝えします。 シーン別に解決方法をお伝えさせて頂きますね。 見出し:ま …

子育てでイライラしてしまう!原因と解消法
子育てでイライラしてしまう!原因と解消法

子育ては自分の思い通りにいかないことがほとんどだと考えて、 できたことだけを良かったと思って毎日を過ごすことがイライラしないポイントです。 周囲の助けを借り、時には育児を忘れる時間を持つのもいいでしょう。 親なら皆同じ  …

内縁関係について
内縁関係について

内縁関係について 事実上の夫婦として暮らしていながら、 婚姻届を提出していないために法的には夫婦として扱われないケースを 「内縁関係」「事実婚」などと言います。 いずれ婚姻届を出す予定だがまだ出していない、 法的な婚姻関 …

DVとアルコール依存症の関係。暴力は典型症状!?
DVとアルコール依存症の関係。暴力は典型症状!?

アルコール依存症患者は、DVも起こしやすい特徴があるといわれています。 酒を飲んでしまう自分をコントロールできない苦しさを家族にぶつけるようになり、 やがて暴力をふるうようになります。 治療で大切なのは、患者本人が病気で …

パートナーに手紙を書いてみませんか?
パートナーに手紙を書いてみませんか?

結婚して何年か経つと一緒にいるのが当たり前で 良くも悪くもパートナーが空気や水のような存在になっているということはないでしょうか。 誕生日にケーキを買って帰ったり、 ちょっとしたプレゼントを贈ったり食事をするといった 夫 …

共通の趣味探しで定年以降も仲良し夫婦!
共通の趣味探しで定年以降も仲良し夫婦!

昨今の離婚問題で増加傾向にあるのが「中高年夫婦の離婚」です。 ひと昔前までは、子育てを終えると夫は定年、 妻と一緒に第二の人生を楽しむいうのが理想像であり主流でした。 ですが近年では平均寿命が伸びたことでより 夫婦で過ご …

思わぬ発見も?!読書で自分を振り返る
思わぬ発見も?!読書で自分を振り返る

夫婦関係を良くするために、心理学関係の学術書を読んだり、夫婦仲を改善するような 実用書を読むことがあると思います。 そこで「なるほど」と感じることももちろんありますでしょうし、書いていることを実践して夫婦仲が改善できたの …

夫がDVをする心理とDVを受ける人の特徴
夫がDVをする心理とDVを受ける人の特徴

DV夫の心理状態は、強い劣等感で一杯になっています。 そしてDVを受ける被害者側にも劣等感があるので、DVが長引く傾向があります。 そして、夫婦間では、被害者側がDVを受けたと強く感じた時に、離婚へ発展してしまうことが多 …