DVとアルコール依存症の関係。暴力は典型症状!?

DVとアルコール依存症の関係。暴力は典型症状!?・埼玉・川越・「まゆみ夫婦問題相談オフィス」・大塚麻由美

アルコール依存症患者は、DVも起こしやすい特徴があるといわれています。

酒を飲んでしまう自分をコントロールできない苦しさを家族にぶつけるようになり、
やがて暴力をふるうようになります。

治療で大切なのは、患者本人が病気であることを認めて、治す気持ちを強く持ち続けることが大切です。

DVにつながるアルコール依存症 こんな人がなりやすい

アルコール依存症とは薬物依存の1つで、アルコールを飲みすぎることによって生じる問題に対処せず、
飲酒が止められなくなった状態をいいます。

アルコール依存症は、孤独感やストレスを感じやすい人がかかりやすい病気と言われていますが、
必ずしも意志が弱い人やだらしない人がなりやすいとは言えず、お酒に強い人でも依存症になります。
また寝酒が習慣化することでも発症します。

そして、アルコール依存症になった人がDVを起こす事例が、現在、増えています。

アルコール依存症患者がDV加害者になる理由

アルコール依存症の患者は、お酒の飲みすぎが良くないとわかっていても
飲酒量を自分でコントロールすることができなくなっています。

酒を飲む自分を何とかしたくてもそれができず、苦しんで自分に腹を立てているうちに、
アルコールの問題から徐々に目をそらすようになります。

酔いが醒めた時、自分がみじめな気持ちとなり孤独感や自信喪失感に襲われ、
そしてまたお酒に頼ってそれを忘れようとします。

これらを繰り返し、自信を喪失し、自己肯定感が低くなり、
やがて自分で自分を思うようにコントロールができなくなったのは妻や家族のせいだと考えるようになり、
周囲の人間を攻撃するようになるのです。

このような状況の中で、小さなことでも過剰に反応したり、
家族から飲酒について責められると怒りがさらに増長して、
攻撃的になり相手を殴るといった暴力まで起こすようになるのです。

アルコール依存のDVは 本人が「認める」ことが克服の第一歩

アルコール依存症の治療は、とにかく断酒をして体調を整えることが重要ですが、
患者本人が自分で酒を飲まないようにするしかありません。

そしてアルコール依存症を再発しないためには、
周囲の協力とともに本人の強い意志が不可欠です。

現在は、アルコール依存症の会やアルコール外来などが多くあります。
アルコールを拒否できる薬も開発されています。
1人では治しづらい病気ですが、治すことのできる病気です。

自分がアルコールを飲んだために、周囲が被害を受けている事実をしっかりと認識し、
「治したい」という気持ちを維持し続けることが完治へのプロセスです。

カテゴリー: 埼玉・川越【夫婦問題・改善解決!ブログ】
タグ:, , ,

宜しければシェアして下さい。



関連記事一覧

再婚~夫が子どもを怒ると気になってしまう悩みを解決する方法
再婚~夫が子どもを怒ると気になってしまう悩みを解決する方法

皆さんこんにちは!夫婦問題相談オフィス代表の大塚麻由実です。 今回は、再婚したあとの家族問題でお悩みの女性の方へ、簡単に改善出来る方法をお伝えします。 シーン別に解決方法をお伝えさせて頂きますね。 自分の子どもではないか …

DV夫への対処法。専門機関への相談も可能
DV夫への対処法。専門機関への相談も可能

DV対処法のポイントは、暴力を無くすことだけでなく、 加害者と被害者の関係を対等な夫婦関係に戻すことか、 離婚して関係を断つかのどちらかです。 DVは放置していれば、エスカレートして命の危険を感じることもあります。 そう …

夫婦は精神状態が移ってくる!?そんな時は自己中になる??リフレッシュのコツをご紹介します。
夫婦は精神状態が移ってくる!?そんな時は自己中になる??リフレッシュのコツをご紹介します。

今回は夫婦円満のコツと、夫婦がお互いに影響されて、不機嫌が移ってしまう。こういう時にやり過ごすコツをお伝えします。 夫が仕事で煮詰まっていて機嫌が悪いので困る。妻が体調が悪いので八つ当たりしてくるので嫌だなあ。 こんな事 …

結婚前カップルのご相談
結婚前カップルのご相談

婚約を済ませた結婚前カップルのご相談が増えています。 人は生まれ育った環境や経験で思考の癖や性格を作っていきます。 その生まれ育った環境や性格が違うカップルに、 意見の食い違いや衝突は、必ず出てくるものです。 それらは、 …

井原探偵事務所のご紹介
井原探偵事務所のご紹介

  先日、井原探偵事務所の井原さんとお会いしました。 井原さんは麻布に事務所を構えていて とても優しく真面目で素敵な方でした。 仕事に対する姿勢は依頼者を第一とした体制を整えており 徹底された人材の育成に、最新 …

Skype・電話カウンセリング
Skype・電話カウンセリング

最近、電話、Skypeなどでご相談をよくさせていただいております。 私に相談したいという気持ちがあるということになりますのでとても嬉しいことだと思っております。 先日は、京都の方のSkypeカウンセリングをさせていだきま …

夫婦間合意契約書について
夫婦間合意契約書について

  今日は、夫婦間合意契約書についてお話ししたいと思います。 ご存知のない方もおられると思います。 この書類はとても有効に使えるもので、一度きちんとご説明させて頂こうと思います。 夫婦間合意契約書とは、夫婦関係 …

30代母親が長女だけにキツく怒ってしまう事の悩みを解決する方法
30代母親が長女だけにキツく怒ってしまう事の悩みを解決する方法

  皆さんこんにちは!夫婦問題相談オフィス代表の大塚麻由実です。 今回は、30代の家族問題でお悩みの女性の方へ、家で簡単に改善出来る方法をお伝えします。 シーン別に解決方法をお伝えさせて頂きますね。 見出し:ま …

面会交流権について
面会交流権について

ご夫婦が離婚された場合、お子様はいずれかの元に引き取られることになります。 この場合に、親権を得なかった側の親が、お子様と交流することを面会交流といい、 その権利を面会交流権といいます。 面会とはいいますが、直接の対面だ …

モラハラ夫による子供への影響と連鎖する可能性
モラハラ夫による子供への影響と連鎖する可能性

モラハラ夫がいる家庭で育った子供は、高い確率で子供自身もモラハラを起こすと考えられています。 モラハラを治すには、自分自身が自覚して治すという意思を持たねばなりませんが、 第三者の手助けを借りるのも有効な方法です。 モラ …