共通の趣味探しで定年以降も仲良し夫婦!

昨今の離婚問題で増加傾向にあるのが「中高年夫婦の離婚」です。

ひと昔前までは、子育てを終えると夫は定年、
妻と一緒に第二の人生を楽しむいうのが理想像であり主流でした。

ですが近年では平均寿命が伸びたことでより
夫婦で過ごす時間がぐんと増えました。

それに加え中高年の世代も価値観が多様化してきており、
残りの人生をパートナーと一緒ではなく
自分ひとりで自由に生きたいと望む方も増えています。

それでも長年連れ添ったパートナーです。

出来ることなら定年以降も一緒の時間を過ごしたいと思いますよね?
そこでおすすめしたいのが「共通の趣味探し」です。

なぜ「共通の趣味探し」?

これは特に頑張って働いてきて夫側にありがちなことですが、
妻に関心をあまり向けないまま過ごしてきてしまい、
いざ定年を迎えたとき2人で過ごす時間がたくさんあるのに持て余してしまったり、
会話する時間もたくさんあるのに何を話していいのかわからないといった事態に陥ります。

そうなったとき妻は、「仕事だけで私には関心を持ってくれなかった。」
「一緒にいる必要はあるのか?」という気持ちが沸いてきて結婚生活の維持に疑問を感じます。

このように中高年の離婚に多いのは「妻から離婚を切り出す」パターンです。

それを回避するために相手のことに関心を持つ意識づけのに「共通の趣味探し」は有効です。

必ずしもパートナーと共通の趣味があるとは限りませんし、
一緒にその趣味を楽しむことが出来ないかもしれませんが
相手が自分に関心を持ってくれているのは嬉しいことではないでしょうか。

今更!と思われてしまうかもしれませんが、パートナーの趣味がわからないという場合は、
「今、一番楽しいことはなに?」といった質問をしてみてもいいかもしれません。

仮に妻の趣味が園芸で夫の趣味が写真だったら妻の育てた草木を写真に撮ってあげたり、
共通でなくてもお互いに楽しむことができます。

また、1番の趣味が違っても2番手、3番手の趣味だと
共通のものが見つかる可能性が高いです。

読書、旅行、スポーツ、何か一緒にできたらそこから自然と会話も生まれ第二の長い
人生をパートナーと有意義に過ごすことができます。

相手の趣味を否定しない

パートナーの趣味が分かったところで、「えっこんなこと?!」と
言ってしまいそうになることがあるかもしれませんが、
そこはお互いさまです。

自分には「こんなこと」であっても相手にとってはとても大切にしているものだったりします。
理解はできなくても「そういう考えもあるのね」と受け入れてあげる心が大事です。

莫大なお金をつぎ込んでいて、結婚生活に影響を与えているという場合を除いて、
温かく見守ってあげましょう。

カテゴリー: 埼玉・川越【夫婦問題・改善解決!ブログ】
タグ:, ,

宜しければシェアして下さい。



関連記事一覧

レンジャー五領田法律事務所のご紹介
レンジャー五領田法律事務所のご紹介

こんばんは、 今日は、サイトトップのリンクに五領田弁護士のサイトのリンクを貼らせていただいたので、五領田弁護士について間単にご紹介をさせていただこうと思います。   レンジャー五領田法律事務所 五領田 有信(ご …

DV夫への対処法。専門機関への相談も可能
DV夫への対処法。専門機関への相談も可能

DV対処法のポイントは、暴力を無くすことだけでなく、 加害者と被害者の関係を対等な夫婦関係に戻すことか、 離婚して関係を断つかのどちらかです。 DVは放置していれば、エスカレートして命の危険を感じることもあります。 そう …

もっと早く知っていればよかった子育てのストレスの原因と解消法!
もっと早く知っていればよかった子育てのストレスの原因と解消法!

子育てが大変でストレスになっていたのではなく、原因は自分にあった??子育てに余裕を持ち、具体的にストレスを解消する方法をお教えします!   先日、livedoorニュースや、マイナビなどのメディアの方へ私の記事 …

面会交流権について
面会交流権について

ご夫婦が離婚された場合、お子様はいずれかの元に引き取られることになります。 この場合に、親権を得なかった側の親が、お子様と交流することを面会交流といい、 その権利を面会交流権といいます。 面会とはいいますが、直接の対面だ …

夫婦は精神状態が移ってくる!?そんな時は自己中になる??リフレッシュのコツをご紹介します。
夫婦は精神状態が移ってくる!?そんな時は自己中になる??リフレッシュのコツをご紹介します。

今回は夫婦円満のコツと、夫婦がお互いに影響されて、不機嫌が移ってしまう。こういう時にやり過ごすコツをお伝えします。 夫が仕事で煮詰まっていて機嫌が悪いので困る。妻が体調が悪いので八つ当たりしてくるので嫌だなあ。 こんな事 …

中高年夫婦の有り方。考えが合わないときどうしたらいい?
中高年夫婦の有り方。考えが合わないときどうしたらいい?

最近、熟年夫婦のご相談をよく受けています。 子育てがひと段落した50代の夫婦としてはベテランの世代。 婚姻生活も長くなりお互いのことをよくわかり「妻はこういう人間だから…」 「夫はこういう人で、もうしょうがない」と考えて …

内縁関係について
内縁関係について

内縁関係について 事実上の夫婦として暮らしていながら、 婚姻届を提出していないために法的には夫婦として扱われないケースを 「内縁関係」「事実婚」などと言います。 いずれ婚姻届を出す予定だがまだ出していない、 法的な婚姻関 …

産後クライシスと産後うつとは?
産後クライシスと産後うつとは?

結婚して赤ちゃんが生まれました。 とてもおめでたいことですね。 周囲の家族や友達はみんな祝福してくれます。 でも赤ちゃんが生まれると両親はとても大変ですよね。 1歳までは本当に手がかかりますよね。 3時間おきにミルクをあ …

あけましておめでとうございます。
あけましておめでとうございます。

ご挨拶が少し遅れましたが、あけましておめでとうございます。 2017年はあっという間に過ぎましたが、充実した1年だったと思っています。2018年も皆様に寄り添っていけたらと考えています。 今年もどうぞよろしくお願いします …

DVとはどんな暴力?DV夫の特徴とは
DVとはどんな暴力?DV夫の特徴とは

DVとは「家庭内暴力」のことで、肉体的に苦痛を与える暴力だけでなく、 相手の生活に制限を加えるなどといった心理的な束縛も含んでいます。 夫婦間で、夫が加害者となるDVが近年増えていますが、 自分に自信を持てないことや妻を …