結婚前カップルのご相談

まゆみ夫婦問題・結婚前・カップル・相談・結婚前カップルのご相談

婚約を済ませた結婚前カップルのご相談が増えています。

人は生まれ育った環境や経験で思考の癖や性格を作っていきます。

その生まれ育った環境や性格が違うカップルに、
意見の食い違いや衝突は、必ず出てくるものです。

それらは、後に結婚した後に、夫婦の衝突の原因にもなり得ます。

また結婚前は今は男女共にマリッジブルーになるとも言われています。

それは自然なことで、色々と抱え込む必要もないのです。
ですので、今、抱えている不安や悩みを吐き出すことはとても大切なことになります。

結婚前にご自身の本当の心理的傾向と性格、またお相手の性格を知り、
それに合わせた上手な夫婦関係の築き方やコミュニケーションの方法、
また男性と女性の違いなども踏まえながら、個々にあった
アドバイスさせていただいています。

なんか元気がない。こんな感じで大丈夫かな。
などと思ってらっしゃったら、是非、ご連絡ください。

前向きな結婚のスタートのお手伝いをさせていただきます。

カテゴリー: 埼玉・川越【夫婦問題・改善解決!ブログ】, 結婚前のお悩み
タグ:, , , ,

宜しければシェアして下さい。



関連記事一覧

旦那に浮気されたけど離婚したくない
旦那に浮気されたけど離婚したくない

夫が浮気をしても妻が離婚を望まないなら、時が経つのを待つのではなく、 妻自らが互いの気持ちを元に戻す行動を起こすことが大切です。 夫と離婚したくないなら「離婚はしない」と強く願い、毅然として対処すべきです。 夫婦関係専門 …

内縁関係について
内縁関係について

内縁関係について 事実上の夫婦として暮らしていながら、 婚姻届を提出していないために法的には夫婦として扱われないケースを 「内縁関係」「事実婚」などと言います。 いずれ婚姻届を出す予定だがまだ出していない、 法的な婚姻関 …

鷹取行政書士のご紹介
鷹取行政書士のご紹介

本日は鷹取行政書士のご紹介をさせて頂きたいと思います。   先日、新宿に事務所を持つ鷹取行政書士さんとお会いしました。 今まで離婚、夫婦問題の専門家として、 たくさんの相談を受けてこられた離婚・夫婦問題のプロで …

思わぬ発見も?!読書で自分を振り返る
思わぬ発見も?!読書で自分を振り返る

夫婦関係を良くするために、心理学関係の学術書を読んだり、夫婦仲を改善するような 実用書を読むことがあると思います。 そこで「なるほど」と感じることももちろんありますでしょうし、書いていることを実践して夫婦仲が改善できたの …

旦那の浮気防止に大事なのは「なぜ浮気するか」を考えること
旦那の浮気防止に大事なのは「なぜ浮気するか」を考えること

離婚原因の1つ、夫の「浮気」を防止するには、どこからが「浮気」なのかを夫婦で互いに話し合って共通の認識を持っておくことである程度、未然に防ぐことができます。 しかし、それだけでは不十分で、妻も浮気をされないために日ごろか …

DV夫への対処法。専門機関への相談も可能
DV夫への対処法。専門機関への相談も可能

DV対処法のポイントは、暴力を無くすことだけでなく、 加害者と被害者の関係を対等な夫婦関係に戻すことか、 離婚して関係を断つかのどちらかです。 DVは放置していれば、エスカレートして命の危険を感じることもあります。 そう …

モラハラ夫になる原因は幼少期の家庭環境!?
モラハラ夫になる原因は幼少期の家庭環境!?

夫がモラハラを起こす原因は、育った環境が大きな影響を及ぼしていると考えられています。 その環境は大きく2つに分かれます。 男尊女卑の考え方で育つと、常に自分が一番で相手を見下すようになります。 また過保護や過干渉を受けな …

共通の趣味探しで定年以降も仲良し夫婦!
共通の趣味探しで定年以降も仲良し夫婦!

昨今の離婚問題で増加傾向にあるのが「中高年夫婦の離婚」です。 ひと昔前までは、子育てを終えると夫は定年、 妻と一緒に第二の人生を楽しむいうのが理想像であり主流でした。 ですが近年では平均寿命が伸びたことでより 夫婦で過ご …

再婚~夫が子どもを怒ると気になってしまう悩みを解決する方法
再婚~夫が子どもを怒ると気になってしまう悩みを解決する方法

皆さんこんにちは!夫婦問題相談オフィス代表の大塚麻由実です。 今回は、再婚したあとの家族問題でお悩みの女性の方へ、簡単に改善出来る方法をお伝えします。 シーン別に解決方法をお伝えさせて頂きますね。 自分の子どもではないか …

【今が辛い方へ】現状から抜け出すために自分を変える
【今が辛い方へ】現状から抜け出すために自分を変える

「なんで自分ばっかりこんなに辛いんだろう?」 「もう何のために生きているのかもわからない」 夫婦間や家族のことで思い悩み、そこまで思い詰めてしまいそうになったことはありませんか? もしくは今まさにその状態にあるという方も …