家事事件について

まゆみ夫婦問題相談 公式ブログ 家事事件について

家事事件とは、民事事件などに対応する言葉で、
民事事件が第三者同士の争いを扱うのに対し、
家事事件は家庭内の争いを扱います。

家事事件における手続きの種類には調停、審判、訴訟があります。

聞いたことはあるけれど、あまりなじみのない言葉かもしれません。
この中で一番耳にするのは、「離婚調停」という言葉ではないでしょうか。

離婚調停とその流れ

離婚調停は、調停の中でも「一般調停事件」にあたります。

離婚のほか、離縁、親族間の紛争、慰謝料など幅広い内容がここに含まれます。

また、養育費、親権の移動などに関する争いは「別表第2調停」となります。

調停の場合、まずは当事者同士の話し合いで解決することが期待されます。

申立てを行った人と相手方が、それぞれ裁判所で調停委員と話をすることになります。
(調停委員は、民間から演出された臨時の裁判所職員という立場です)

一回で話がまとまることはほとんどありませんので、たいていの場合は何度か裁判所に通うことになります。

調停のメリット

ただの話し合いであるならばわざわざ調停を行う必要がないと思われるかもしれません。

しかし、関係が悪化し直接会うこともできないといったご夫婦の場合でも、
上に書いたように当事者同士が直接対面しなくて良いというメリットがあります。

そして、調停で決まったことには裁判の判決と同じ意味があります。

これが当事者同士だけでの取り決めの場合と大きく異なるところです。

調停が成立すればそれで終了となりますが、不成立に終わってしまった場合は、
審判または訴訟の手続きに進みます。

はじめに書いた「一般調停事件」については人事訴訟、「別表第2調停」は審判に移行します。

訴訟と審判

人事訴訟とは、婚姻関係、親子関係などの身分上の問題を扱う裁判です。

ドラマなどにも出てくるいわゆる裁判ということになりますので、
申立人が訴訟を提起し、指定した期日に裁判所に赴き、
双方が証拠と陳述を出し合い、家庭裁判所の判断にゆだねることになります。

審判の場合は、調停での話し合い内容に基づき、
家庭裁判所が判断するので、新たに申立てをする必要がありません。

 

おわりに

ここまで家事事件の概要と手続きについて書いてきましたが、
調停、そして裁判というのはいわば問題解決のための「最後の手段」です。

可能なかぎり、本人同士の話し合いで円満に解決できることが一番望ましいと私は考えています。

たとえ今は感情の行き違いから、話し合いが難しい状態であっても、
ご夫婦が話し合いを通じてより良い結果を手にしていただくため、最大限のお手伝いをしてまいります。

カテゴリー: 埼玉・川越【夫婦問題・改善解決!ブログ】
タグ:,

宜しければシェアして下さい。



関連記事一覧

共通の趣味探しで定年以降も仲良し夫婦!
共通の趣味探しで定年以降も仲良し夫婦!

昨今の離婚問題で増加傾向にあるのが「中高年夫婦の離婚」です。 ひと昔前までは、子育てを終えると夫は定年、 妻と一緒に第二の人生を楽しむいうのが理想像であり主流でした。 ですが近年では平均寿命が伸びたことでより 夫婦で過ご …

離婚理由No.1「性格の不一致」とは?
離婚理由No.1「性格の不一致」とは?

性格の不一致とは、人それぞれの価値観の違いから来るものです。 違った両親から生まれて、それぞれの環境で成長すれば、 考え方に違いがあっても全く不思議ではありません。 自分の価値観は絶対的なものではありません。 まずは相手 …

中高年夫婦の有り方。考えが合わないときどうしたらいい?
中高年夫婦の有り方。考えが合わないときどうしたらいい?

最近、熟年夫婦のご相談をよく受けています。 子育てがひと段落した50代の夫婦としてはベテランの世代。 婚姻生活も長くなりお互いのことをよくわかり「妻はこういう人間だから…」 「夫はこういう人で、もうしょうがない」と考えて …

面会交流権について
面会交流権について

ご夫婦が離婚された場合、お子様はいずれかの元に引き取られることになります。 この場合に、親権を得なかった側の親が、お子様と交流することを面会交流といい、 その権利を面会交流権といいます。 面会とはいいますが、直接の対面だ …

鷹取行政書士のご紹介
鷹取行政書士のご紹介

本日は鷹取行政書士のご紹介をさせて頂きたいと思います。   先日、新宿に事務所を持つ鷹取行政書士さんとお会いしました。 今まで離婚、夫婦問題の専門家として、 たくさんの相談を受けてこられた離婚・夫婦問題のプロで …

夫がDVをする心理とDVを受ける人の特徴
夫がDVをする心理とDVを受ける人の特徴

DV夫の心理状態は、強い劣等感で一杯になっています。 そしてDVを受ける被害者側にも劣等感があるので、DVが長引く傾向があります。 そして、夫婦間では、被害者側がDVを受けたと強く感じた時に、離婚へ発展してしまうことが多 …

【今が辛い方へ】現状から抜け出すために自分を変える
【今が辛い方へ】現状から抜け出すために自分を変える

「なんで自分ばっかりこんなに辛いんだろう?」 「もう何のために生きているのかもわからない」 夫婦間や家族のことで思い悩み、そこまで思い詰めてしまいそうになったことはありませんか? もしくは今まさにその状態にあるという方も …

モラハラ夫になる原因は幼少期の家庭環境!?
モラハラ夫になる原因は幼少期の家庭環境!?

夫がモラハラを起こす原因は、育った環境が大きな影響を及ぼしていると考えられています。 その環境は大きく2つに分かれます。 男尊女卑の考え方で育つと、常に自分が一番で相手を見下すようになります。 また過保護や過干渉を受けな …

夫婦は精神状態が移ってくる!?そんな時は自己中になる??リフレッシュのコツをご紹介します。
夫婦は精神状態が移ってくる!?そんな時は自己中になる??リフレッシュのコツをご紹介します。

今回は夫婦円満のコツと、夫婦がお互いに影響されて、不機嫌が移ってしまう。こういう時にやり過ごすコツをお伝えします。 夫が仕事で煮詰まっていて機嫌が悪いので困る。妻が体調が悪いので八つ当たりしてくるので嫌だなあ。 こんな事 …

精神的暴力、精神的虐待!モラハラ夫の特徴は?
精神的暴力、精神的虐待!モラハラ夫の特徴は?

モラハラは、DVの1つの形で暴力を用いずに相手に精神的苦痛を与える行為です。 夫によるモラハラには、共通の特徴があります。 モラハラ夫は、周囲からよく見られたいと思っているため外では社交的に振舞いますが、 家の中では、問 …